3月11日が近づきましたね


イメージ 3

エンディングセラピー講師の椎原 澄です

3月11日が近づき
新聞やTVでもまた 様々な特集が組まれていますね
あの日 あなたはどうしていましたか?

私は2階で仕事をしながら
母に夕食は何が食べたいかを聞いて
自分の誕生日の ケーキでも買ってこようかな
と考えていた気がします

かなり長い揺れが続き
東京がこれだけ揺れるということは
いったいどこが震源地だろうと
パソコンよりもTVで観たほうが早いかな と思っていたら
階下から母が不安そうに 私を呼ぶ声が聞こえました

急いで階下に降りてからも
しばらくは揺れていましたから
上記のように考えたのは ほんの数秒だったのかもしれません
か細い母の身体をリビングの丈夫なテーブルの下に押し込んで
しばらくは 母を抱きかかえていたかな

TVのスイッチを入れた後の光景
音量を調節した記憶はないのですが
無音の世界でした……
ヘリコプターから撮影しているに違いない映像が
道路を走る車を映し出し
そこに迫る津波も捉えているのです

あそこに いま津波に追われて走っている車がいるという現実
その車が 追いついてしまった津波に 飲み込まれていくのです
その現実を 東京の揺れのおさまったリビングで 観ているという現実

あの日からしばらくは 自分の身の回りが 何も変わることなく
穏やかであることに えも言われぬ申し訳けなさを
感じ続けたことを 覚えています

石巻は 母が生まれた土地です
女学校への入学で 家族揃って仙台に 引っ越し
それから数年後に 大阪から仙台の大学に入学して 
下宿暮らしをしていた父と出会い やがて結婚したと聞いています

その石巻や仙台が 大変な姿で
その後 何日も何日も TVに映し出されるのに
もう親類も誰もなく 行き来もすっかり無かったからでしょうか
母がひとことも 何のことも 誰のことも口にしなかったのは
母の認知能力が そのように衰えていたからなのか 
不安や恐怖や心配を 口にしない母に 私は ほっとしていました

半年くらいたってからでした
たったひとこと「石巻 大変なことになってるんだって?」と
初めて知ったように 母がつぶやいたのは…
誰かの安否を気遣うなら 
私から連絡をとってみようかとは言えたでしょうが 
私が「地震と津波でとても大変な状態よ」と言うと
もうそれ以上の話は 何もしませんでした

あの頃 母の中では 死はどんな形を持っていたのでしょう
1年前の5月に 父を看取った後も
マイペースで 淡々と生活していた母

「私が中学生の頃 お母さんに
『人間は何のために生きているのかしら』なんて 
一番聞くのが相応しくないこと聞いたの覚えてる?」
と聞いたら 「さぁ〜?」って すっかり忘れていました

あの時 母は少し得意そうに「人間はね 何のために
何のために?って考えながら一生を送るんだよ」と言ったの
私は反射的に「ちがう!」と思ったけれど
それを口にはだしませんでした 

2007年から37年ぶりに 一緒に暮らす事になって
母にとっては それが正解だったのだなあって 思っています
私にとっては やはり違う答えだったので 
今 このように生きています

死生観も 生死観も 百人百様 違っていいのだけれど、
私は30代のころに勉強したルドルフ・シュタイナーの「人間論」の中で
「地球という 身体を持っていなければできないことをする場と時間」
という言葉が とても印象に残っています

これからも 生きている限り 与えられた身体と意識を使って
何ができるのかを 実践しながら生きていきたいと思います
若いうちから また 家族の中でも自然に 
それぞれの死を話題にできることも
できることの ひとつじゃないかなあ と考えています
あなたは どんな風に考えますか?

日本ブログ村に参加しました。
良かったら応援して下さい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ
にほんブログ村

カテゴリー: 死生観 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ