ようやく準備ができました


ようやく準備ができましたサードアンサーコーチングの椎原 澄です。
このたび もうひとつタイトルが増えました。

一般社団法人 事業創造協議会の代表理事の椎原 澄です。
ようやく 新しい活動の基盤を立ち上げました。

試行錯誤というよりは 2001年以降
ビジネスを最小限にしながら
・・・という割には色々やってましたが(^^;
夫と両親を看取り 最後に母を見送ってから
改めて どんな形で事業をするのが相応しいのか
この10数年で「変わったこと」と
「変わってないこと」はなんなのかと・・・

世間や ひとや 社会をウォッチングしながら
「あたらしい関係性の在り方」を模索していたと
いうところでしょうか

昨年の秋に おもしろい出会いがあって
6人で作っていたチームに 巻き込まれました
・・・私が6人を巻き込んだという方もいますが(^^;

昨年の夏にコミットした「哲学するコミュニティー」の
メンバーの方々です
作っていたチームは
いまの医療・介護の現場を換えていきたい!
と考えている有志たち

私が「アウフヘーベンできる仲間たちである!」と
感じてしまった次第です

そして・・・
ようやく「一般社団法人として行動する」までの
「それぞれの内的確信と新たな関係性の可能性」の
プロセスを経て
5月11日に法務局への登記も済みました
7人のチームにもうひとり 事務方を
名乗り出てくださった1名をいれて8人のチーム

そして それを渦巻き状に 取り囲む多分野のプロたちや

⭐︎これから何に 一番時間を割きたいか?
⭐︎一番 手に入れたいものは何か?
⭐︎自分が「役立てる」としたら 誰のために?何のために?

などなどを 考えていらっしゃる方々との
接点を見出して行きます

それぞれの専門性や個性を 事業に反映させつつ 
ひとの「役にたつこと」を目指して
新たな航海がはじまります

これだけではなんのこっちゃかわからない方
なんか 内うちの仲間なんじゃないの?
と 思われた方 すみません

まだホームページも公開FBも立ち上げていませんが
ゆっくり でも多分加速的に
いろんなことを公開していきます

最後に「なぜ協議会なのですか?」という
質問をいただきましたので
「協会ビジネス」ではなくて
いつでも有機的に「協議」しながら進める
様々な分野での 「個の確立と共生」への事業体です
とお答えしました

その関係性を示す「マトリックス人間学」=有機的組織論や

エンディングセラピーを進化させた
「認知症ファミリーセラピスト養成」などが
初動期の 協議会の事業です

今後は少しまじめにブログも書きます
読んで下さって ありがとうございます

560210

カテゴリー: 未分類   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です