エンディングセラピーをどう考えるか


エンディングセラピーをどう考えるか

地球からの卒業と その送り出し方の両方

エンディングセラピー講師の椎原 澄です。
昨日upするはずだったブログです
外出時間になってしまい 間に合いませんでした
昨日upされた文章として 読んで下さいね

昨夜は満月でしたね。

私は このブログを書いているWordPressの
作り方と使い方を学んだ WPMマスター塾で仲良しになった
北薗明美さんのアトリエで お月見でした
昨年から 満月ナイトとして開催していらっしゃるイベントです

麻布十番の9階からみる お月さま
アンデルセンの「絵のない絵本」だったら どんな物語になるでしょうか
昨夜は「なまえ」に関する”ことたま”を 明美さんの解説でお聞きし
それぞれの物語に イメージを膨らませた夜でした

昨夜の満月は 満月の一部が欠けたまま東の空から昇ってくる
「月出帯食」と呼ばれる 皆既月食だったそうですね
やがてまんまるい月になり 数時間の間に 上空高く昇っていました
10258909_624827700925049_2558155825665010064_n

さてさて 月をみていたら エンディングセラピーってなんですか?
そんな質問に 「地球を卒業するお手伝い」
というのはどうかしら? と思いつきました

満月の日は 行動できない理由や いらないブロックを
手放す力が強いのだそうです
特に月食&てんびん座の満月に 解放できるパワーが高いとか

肉体を 手放すこと そこに至るプロセスを
ていねいにサポートしていけたらと 思います

あなたは お誕生日が好きですか?
お誕生日がくると うれしいですか?
私は どんなに高齢の方でも お誕生日と聞くと
心がピョコンと嬉しくなります おめでとう! と言いたくなります

どうしてだろうと考えていて
ある時「お誕生日は 地球にデビューした日」という表現に出会いました
そうだそうだ!地球にデビューした日だから嬉しいんだ!
どこでその表現に出会ったのか 私はできるだけオリジンを大事にするのだけれど
覚えていません それでそのまま 使わせていただいています

でも これまで「地球を卒業する日」という表現は 見たことがないので
これは堂々と 使おうと思います

地球を卒業して どうなるのかはわかりません
でも 地球にデビューして 色々あったけど 出会ってよかった
大変だったけど ありがとう って言えたらいいのかな
言えなくても それぞれに 何かの思いが持てたらいいのかと思います

見送る側と 見送られる側の スピリチュアルなコンタクト
そこをサポートするのが エンディングセラピーかな と思います
でも いわゆる看取りのみを指しません
「いつからでも はじめられる」・・・です

手放すことと 受け入れること 受け入れることと 手放すこと
誕生から死まで 私たちは 様々なかたちでこの反復を していると思いませんか

亡夫が 亡くなる1年ほど前でしょうか
「そうか 男だから何かを形に残すことばかり考えてきたけど
それぞれの心に 何かが残ればいいんだ」って 言ってました
とっても穏やかな表情で 満ち足りていましたね

そうだね ちゃんとみんなの心に遺っているよ
知人友人と 話題にできることが いっぱいあるよ
いろんな感情を呼び起こす 嵐のような人だったねって……

560210

カテゴリー: エンディングセラピー   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

エンディングセラピーをどう考えるか への1件のコメント

  1. 澄さん、こんにちは。
    北薗明美&もうりゆうこの初コラボ・「満月ナイト」へのご参加、どうもありがとうございます。

    お会いしたときの・・・
    澄さんのたおやかで凛とした姿が印象的でした。

    わたしもさらに年を重ねたとき・・・澄さんのような女性になりたい。ではなく・・・なってイキイキする。
    おかげさまで、そんな素晴らしい目標が出来ました。(*^ー゜)

    今生の地球にデビューして・・・ご縁を頂いたこと、どうもありがとうございます。

    もうりゆうこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です