3月12日に考えたこと


3月12日に考えたこと 

昨夜は、CWSコモンズ佐藤修さんの
「自殺に追い込まれる状況をどうしたらなくしていけるか」の
ラウンドセッションに参加してきました

 
エンディングセラピー講師の椎原 澄です
昨年 佐藤さんたちが青山学院で
駐日EU代表部経済担当官のレネ・ダイグナンさんが
初めて監督・制作したドキュメンタリー映画
『Saving 10,000: Winning a War on Suicide in Japan』
の上映と討論会を行って以来の参加でした
⇨ 映画はYouTubeで観られます

佐藤さんは 極めてユニークな視点と行動哲学を持つ方なので
自殺防止!と声高に訴えたり 大きな会合を開いたりするのではなく
そういった状況を生む 社会的な状況を多面的に考えながら
20人くらいの様々な分野の 固定しない参加者で
様々な角度から この問題を話し合って行きたいと考えているそうです

昨日は「組織に働く人の自殺を考えるラウンドセッション」
実際には どこの企業・組織にもあることなのに
個人では事実の話してくれても 組織人として公開討論にはなかなか
参加しにくい できない話題でもあります

佐藤さんは 自殺という問題に向き合うのに
A:その事自体をマイナスとして 防止という観点から観るか
B:そういう事が起きないような 楽しい環境を作っていくという観点からみるか
のふたつの観点があると 話されていました

「環境」が彼らをどう受け止めているか というところからは
EAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)
を取り入れている企業でも 例えば1000人の従業員のうち
利用者は5%いかない
能動的に活用しようとする人へのケアでは成果を上げても
残りの95%の意識の動向は わからないという発言もあり

自殺者を出した と表立って言えない環境
「夫の死を自殺ではなく病死として欲しい」と望む家族
EAPは会社契約として成立するため
実際は本人とカウンセラーとの間に守秘義務があるのに
会社の人事は個人情報として把握しているのではないかとの疑い
成果主義の問題点や 組織内でのパワハラ 人間関係
仕事・家族関係・プライベートな交際等のうち
自殺へと向かう意識の比重は 何が一番重いのかなど
話題は多岐に及びましたが 私は少しのもどかしさを感じながら
うまく発言できないままでいました

昨日はレネさんは参加されませんでしたが
彼を映画製作に駆り立てたのは 親しい隣人の死だとのこと
自殺との戦いにおいて 「敵」はいったい誰なのか
何と戦うのかという Aの強烈な視点から
現在の日本の自殺者と その背景を模索しています

一方 防止以前に 死について語れる環境がない
という観点から 様々な取り組みを実践している方々の発言も
現在の社会環境の成り立ちを 様々に分析する意見もありました

P1000304

帰り道 私は自分がもどかしく感じた点について
自分の仕事を通しても いつでも感じている原点
「強者」と「弱者」 「ケアされる者」と「ケアする者」
という二元論そのものを超える表現について 考えていました
特に 個人とその他一切の外部が 切り離されているような二元性
物理的も 生理的にも 精神的にも
切り離されてきたひとつの結果としての自死

「自殺」はたしかに悲しい あって欲しくはないこと
そういう方向に本人を導かないためにできること
そういう方向を向いてしまった人に対して できるアプローチ
ケアできる環境づくり ケア以前の環境づくり

これからするべき そしてできることを
それぞれ真剣に考えること

そして 私ができることのひとつは
「生」と「死」を相対化 二元化しないことでもあると思いました
単純に生と死のつながりをいうのでもなく ただ相対化しない考え方
二元化を超えたところから発想してみる 行動してみる 具体性を持つ
私はそれを「仕事」と呼びたいと考えているようです

それは時に きれいごとに聞こえたり
具体性に欠けた表現に 聞こえるかもしれませんが

C:「人間がものを分配するのは 飢えた人間が生き残りのためにとった行動」
という近代の定説に対して 以前読んだ「家族の起源」山極寿一著 の中に
あったことばを 正確に引用してみようと思います

・・・<引用
D:食料を分配することが発達したのは 仲間同士の親睦を深め
より自由度の高い社会交渉を発現させ 多様な協力体制を作り上げる
役割を果たしたからに他ならない
・・・<引用終り

固い表現ではありますが
長いこと二元論で成り立ってきた時代の変換に向けて
CとDのどちらが正しいかというよりも
両方の意識が 人間の中にはあるけれど
自分が本当に 行動したくなる時って
「自分のため」なのか「誰かのため」なのか
どちらがどんな場合に 力やエネルギーがわき出すのかを
感じることはできると思うのです

高齢者が認知症に向かってしまう要因のひとつに
「自分がもう役に立たない」という 悲しい無意識があると思います
病気を持っていても 自分にまだできることがあり
人の役にたつことがわかると 元気になる方がいます

ただし「利他的に行動しよう!」と言ったらすでに二元論的
利己と利他の間に 降りて来るこのの感覚
このあたりは 多数の話し合いの中では
とても伝わりにくいな とも感じるのです

なんだかブログの2回目にしては 固い内容になってしまったかな
ずいぶんまとまりのない散文ですが
3月11日の翌日の これからなにをするかを 考えることでもありました

向き合う事ができると 楽しみ方がちょっとづつわかる
亡夫と暮らし その後両親と暮らしながら
私が感じてきたことでもあります

私たちの身体に
深く染み込んでしまっている 二元論から脱却を
様々に試みていきたいと 思っています

カテゴリー: 死生観   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です