予約フォームへ

cos-comとはcosmos communicationのこと。
もともとは、1981年に始めた意識のネットワーキング基地「アップル」が発行したNEWS LETTERのタイトルでした。
1985年以降はcos-comをブランド名として使い、1990年からは亡夫の会社を共同経営するにあたって、インターネットのドメイン名として登録。
2008年、HPを開設するにあたって改めてオフィス名として活用しています。
これまで経て来た仕事は、編集に始まり多様ですが、様々なプロジェクトを手掛ける中で大事にしてきたことは「対話」の仕方であり、「対話」から生まれる関係の重要性だったと思います。

そこで新たに個人対応の他に設けたのが、「cos-comアカデミア:対話の学校」。
ここから新たにどんな関係性やプロジェクトが生まれることでしょうか?

cos-comアカデミアとは?

cos-comアカデミアは文字通り、少人数で行う「対話型のグループコンサル&コーチング」です。
では、「対話型のグループコンサル&コーチング」ではどんなことをするのでしょうか?
メールコーチングライブセッションのグループ版というのが一番近いと思いますが、個人情報として話したくないことは話さなくていいし、またここで話された内容は、外で勝手に話題にしない、という気持ちのよい空気感があります。
「こんなこと言ったらどう思われるか?」
「こんなこと考えているのは自分だけだろうか?」
「こう言ったら違う意味で解釈されかねない」
「こんなこと言ったら変り者と思われる」
そういったことを一切考えなくても済む「場」だと、参加者の方が言ってくださいます。
むしろ、他者の話を聞きながら「そういう考え方もあるんだ」とか「自分だったらこうするのに」「こうしたらいいんじゃないか?」などと考えているうちに、それが「自分にも応用できることだ」と気づいたり、「その人のことをいつのまにか親身になって考えている自分」に気づいたりします。
それを不思議な幸福感として実感でき、その実感を自分の日常や今後の活動に役立てていただくことができます。
レクチャーも行いますが、それは個々がこれまで学んできたことの解釈の見直し方であったり、「正しいか」「正しくないか」の判断基準を見直したりするために役立ちます。
cos-com固有の概念をお伝えするというよりは、シンパシーとエンパシーとの違いや、相互理解と共通概念との違い、あるいはイメージ力と視角化の違いなどを通して知識の理解度の幅を広げ、今までできなかったことは「どうすれば」いいのかがわかり、自分が本当にやりたかったことが浮上してきたり、そのためには何を片付ければいいのかがわかってきたりします。

サードアンサーコーチングとの違い

サードアンサーコーチングは、これまで仕事を積み重ねていらしたビジネスパーソン向けの個人コーチングや研修ですが、cos-comアカデミアは、「これから何かをしたい方」向けということができます。
でも、これまでの仕事からの脱却・転職や、独立・起業を考えている方にとっても、それまでの自分の手法のさらなるグレードアップにも、また、変えたほうが良いポイントにも気づいていただくことができます。
cos-com固有の概念をお伝えするというよりは、と上記しましたが、スタンスとしては

などなど。
どこかあなたの考えにフィットすることがあったらご参加ください。
あなたが新たな世界観を持つ事、自分の価値観に自信を持つ事を、お手伝いできたらと思っています。

cos-comアカデミアのシステム

1回(都度参加) 毎月第1土曜日の
13:00~18:00
2万円 月1回のグループコンサルと、個別メールコーチングが月5往復
グループコンサル終了後懇親会(参加自由)
12回(年間契約) 1年分割引き 20万円  

アカデミア参加者の中から、起業・独立をしたい方には適正価格によるサポート、プロデュースも可能です。
参加者同士のプロジェクトが立ち上がってもおもしろいのではないでしょうか。


次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中
  • MEMORO